大山崎すとりぃむ ~ 100兆ドラクマko.i.tsuのサイト ~

 ホーム サ イトマップ お 問合せ・ご指摘 プロフィール Web拍手


ホーム鉄 道小ネタ目 次>現在のページ

005 忘れがたきポエム


とある画像掲示板で自ら振った話題を通して甦った記憶がある
それは2000年の「鉄道の日」を間近に控えた秋の夜

気分転換の外出で大阪環状線外回り電車に新今宮駅より乗り込んだ
たまたま陣取った座席の向かい側の壁面上部に鉄道の日の広告があった

どんな小見出しや背景画像だったかは全く覚えていない
付随記事や関連商品広告文があったかもしれないがそれらもしかり
そこに書かれていた「詩」が強烈過ぎて……

───────────────────────
ワタシ、鉄野道子、17才。
フツウの女子校生。
あぶらとり紙を買いに河原町に行ったり、
抹茶パフェを食べながら
恋の悩み相談を聞いたりもしてる。
でもね、ワタシの彼氏は、EF66。
力強くて、たくましくて、
いつもまっすぐ前を向いて走ってるの。

機関車だけど。
授業中はいつも時刻表を読んで、
どこを走っているかチェックしてるし、
学校帰りにホームの端からカメラ片手に、
走っていくのを見つめてたりもする。
ああ、仕事に疲れた油まみれのボディを
あぶらとり紙で拭いてあげたい。
今日もNゲージの彼を抱いて眠るわ。
ああ、ワタシってしあわせ。
こうやって愛を注げるものが
あるんだから。
他人にキレるほど、ヒマ人じゃないわ
────────────────────────

客は我を除き2人
もはや人目を気にしている場合ではないと感じ
開いていた本の間に紙切れを置いてメモ魔と化す

「鉄ヲタとしては事件ですよ姉さん」
こんなツッコミどころ……いや……ツッコミを釣るポイント満載の創作文
これを書き上げた方にお会いしたい
……いやもし本当に当時17才の女子「高」生だったらどうしよう



(2004.12.08原文)

しかし「鉄野道子」でgoogle検索してもそんなに結果が出ない
忘れられたリリックなのか……
(2007.10.31付記)

ホーム鉄 道小ネタ目 次>現在のページ