大山崎すとりぃむ

|ホーム |サ イトマップ |お問合せ・ご指摘 |プ ロフィール |Web拍手|


ホーム鉄道小ネタ目次>現在のページ

036 東淀川区内の保存機・2種

2005年2月1日時点での、大阪市東淀川区内に保存されている機関車・2種の記録です。
このサイトの例によって、撮影順にひたすら貼っていく、という縦長ページですが、ご高覧下さいませ。

DF50 4アップ

国鉄時代のディーゼル機関車・DE50の4号機です。
まずは保存用の囲いガラス越しに形式記号番号を一枚。

菅原天満宮境内から見るDF504

機関車の向かいに位置する、菅原天満宮の境内から一枚。
ガラス小屋の外にさらに柵が設けられており、厳重なる保存体制が伺えます。

見学申し込み案内札

見学申し込みの案内板がひっそりと、機関車の下の方に置かれています。赤い色の文字が消えかかっていますね。

DF504説明板

DF504号ディーゼル機関車の説明板です。
1957(昭和32)年から23年間にわたって山陰線や中央線、紀勢線などで活躍した由と、仕様が記されています。

見学階段

見学時に使う感段も逆光の中一応記録しました。
DF504を保存している菅原天満宮公園の西側はこの付近です
DF504、この機関車を見た後は西へ15~20分ほど徒歩移動しました。

EH1061(東から)

阪急淡路駅よりだいたい東南方向にある東淡路南公園内のEH1061号電気機関車です。
こちらは格子状のフェンスで囲われています。

EH1061車体番号

車体側面の記号番号表記と東芝・昭和32年製造のプレートとを撮影しました。
貨物を力強くけん引した場面を見てみたかったものです。

EH1061中間部

車体中間部のアップです。

動輪

動輪を一枚アップで撮りました。

EH1061(西から)

こちらEH1061号のそばにも、プラットホームほどの高さの見学台があります。
しかし柵が設置されており、機関車内に自由に立ち入って見学することはできませんでした。
EH1061の保存場所・東淡路南公園はこちらが所在地です

2005年2月時点での古い記録ですが、見学のご参考まで。
ご覧下さりありがとうございました。

(2015-09-30更新)


ホーム鉄道小ネタ目次>現在のページ