大山崎すとりぃむ

|ホーム |サ イトマップ |お問合せ・ご指摘 |プ ロフィール |Web拍手|

ホーム旅と散歩の徒然目次>現在のページ

021 羽立峠の「神龍」と「回天」

2016年9月10日朝、見学をしてきました。
平和、戦争、いのち、そうした色々を考えるために言葉少なめでお送りします。

山本五十六長官の語を刻んだ石碑

まずは一枚目。山本五十六長官の「百年兵を養うは唯平和の為なり」の石碑です。

神龍正面から

特攻グライダー「神龍」を正面から。

神龍左側面から

決戦兵器の左前方からの姿。

神龍緒元

離陸補助にロケットエンジンを使うはずであったとのこと。なお機体は木製です。

操縦席計器類

戦闘機等のそれと比較すると簡素過ぎる印象すら受ける計器類。

操縦席右前方から

もし実戦配備されていたら、潮風を浴びつつ敵に体当たりしていたことになります。

ロケット噴射口

一式陸上攻撃機に搭載された「桜花」をも連想させる、ロケット推進機構。

神龍を斜め後方から

云々したらいけないのかもしれませんが、飛行特性はかなり悪かったのではと想像。

神龍・説明書き

神龍と中山少尉についてのいきさつを記した掲出物です。

神龍Q&A

終戦を迎えたため、神龍による戦死者が双方に出ることはなかったそうです。

Q&Aその2

質疑形式の板は2枚あります。この国の今後を思いつつ読みました。

戦争とは

資料的掲出物も記録に一枚。

魚雷「回天」

もう一基。魚雷「回天」です。乗組員とともに相手国艦船に体当たりしました。

回天説明書き

ご参考までに回天一型の説明書きも。これは文字がつぶれてしまいましたね。ぜひ現地でご覧下さいと申してみます。

回天搭乗口

搭乗口。生きては帰らぬ出撃へ。

回天を右前方より

長さ14.5メートル、ことでん志度線(と琴平線・長尾線の一部)の車両が一両15メートルのはずなので、香川県民には想起しやすい寸 法だと思います。

推進機構拡大

左後方から推進機構を主に。

瀬戸内海をのぞむ

なお、この展示区画入口はこのあたりです(地図サイトが開きます)
国道11号線西行きの羽立峠登坂車線が終わる付近、60.9キロポストのところを左斜め後方気味に入り南進します。

ご覧くださりありがとうございました。

(2016-09-10)

ホーム旅と散歩の徒然目次>現在のページ