自らの悪癖

私の悪癖数々あれど。

人を「値踏みする」こと、自力で中断するに至っていません。自己卑下との組み合わせにて。

上方に値踏みするのです。私に無いその方の素晴らしい点、長所……。見つけて数えて、下から目線で。素直に尊敬したり、学ばせていただたいたらそれで良いのですけどね。素直にしません。失礼極まりないことです。

しかも値踏みするというからには、「己のうちに、誤りなき判断基準がある」という驕り高ぶりがあります。これもやっかいです。

かつて、高校の先輩に「値踏みと自己卑下やめなさいと」叱られて20年。まだ同じ所をぐるぐる回っています。

こうして白状して、少しは改善へとつなげたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました