岡山お見舞い行

2019年5月1日。東京在住時に特にお世話になった方のもとを訪ねて。

朝、家の諸事こなしたあとに出立。香川県内は小雨霧雨入り交じるなかでした。改元をまったく意識しないこともなし、新元号初の乗り鉄ともなるな、という思いが少々。

ことでん長尾線の電車で、高松築港駅まで移動。改札を出てJR高松駅へ徒歩にてさらに進みます。快速マリンライナーに乗車、岡山まで一時間弱の小旅行です。

岡山駅の改札を出て、駅ビル内でドーナツとブドウジュースにて軽い昼食を摂りました。高松よりも人の多い駅前。休日で旅行者の方も多いのでしょう、大きな荷物も視野に入ります。

岡電の岡山駅前電停に入ると、「チャギントン電車」が停まっていました。親子連れがたくさん、岡電社員さんが対応で大わらわ。それを横目に「MOMO」編成に乗り込みます。柳川電停で早々に下車。交差点にて、お茶を濁すようなお手軽撮り鉄を開始しました。この場所に30~40分ほどいましたでしょうか、清輝橋方面に南下していく「チャギントン電車」を撮影して私も南へ。磨屋町の歩道橋にて、清輝橋から折り返してくる電車を撮影。

それから某病院へ面会希望のため入ります。これが今回の岡山行きの主たる目的でした。この方に岡山で会うのは初めて。東京では毎週のようにいろいろしていましたが、私が香川移住後は年一回会うかどうか。無沙汰をわびつつ病室に入ると、楽しそうに色々とお話を交わしてくださいました。15分ほど、投薬中の方のところにいるには、長居の体。快復を願い祈りつつ、病院を出ました。

JR岡山駅に戻り、駅構内で蕎麦をすすります。うどんの方が好きなのですが、気の迷い(失礼な)からか具だくさん蕎麦を。

マリンライナーの指定席に乗り込み、高松へ戻ります。高松築港でことでん長尾線の電車に乗車、降車駅からは自家用車で帰宅。

こうした流れの一日でした。

肝心のお見舞い(面会)。血色も私が思ったより悪くありませんでした。病の詳細は個人情報ですし割愛しますが、口調語調も大方いつものこの方の感じでした。私がお邪魔したので、お心をさいて多少は元気なように振る舞われたのかとは思いますが。

次に会うときには、お互いにまたバリバリと元気に……というのを願っております。私の方がメンタル諸事情があり、元気では無かった時期もありますゆえ。

撮り鉄時間のほうがずっと長かった、今回の岡山行。サイト本体の鉄道小ネタページにも掲載できればと思います。

ざっくりと以上でした。1000文字超、お読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました