大山崎すとりぃむ

|ホーム | サイトマップ | お問合せ | プロフィール | Web拍手|


ホーム旅と散歩の徒然目次>現在のページ

027 グリーンスローモビリティ

香川県木田郡三木町で実証運行の車両及び路線等。実際に私が乗車してきた折の感想ページです。

画像集

右前方から撮影した車両

2020年10月21日・水曜日。最初の一枚は、香川県木田郡三木町、ことでん長尾線・学園通り駅前の「ベルシティ」東入口付近にて。屋根と補助ベルトはありますが、乗降扉はありません。

前方正面から撮影した車両

二枚目の画像は、車両前方の正面から。ナンバープレートがやや大きく見えるほどに、車体が小さな印象を受けるかと思います。

左前方から撮影した車両

一枚目の反対側構図。車両左側前方から撮影しました。逆光ながら記録の一枚。

座席下プレート

リチウムイオン電池が動力源と見ました。プレートは3列目の座席側面下部(左右両面にあり)に掲出しています。

車両後部から

五枚目は車両後部から。

車両右側面

乗務員が一列目、乗客は二・三列目に乗り込めるようになっています。なお、車いす対応ではありません。

学園通り駅停留所掲示

停留所の掲示(学園通り駅)です。なお、乗務員さんから「全区間で自由乗降対応」と伺いました。例として、停留所に行き着く前に車両が来ても、その場で乗車意志を示すと乗せてくれるということです。

巻き上げた状態の防水シート

多少の雨なら、側面の防水シート(透明)を下ろして対応できます。普段は巻き上げた状態で、そよ風を浴びながら乗車できます。

車両後部の部分拡大

YAMAHAのロゴもきれいな車両後部の一部分です。

後部のかご

アンケート用紙等を積載している、車両後部のかご部分です。荷物を入れてもよいのでしょうか。伺うのを失念しました。

つかまり棒

シートベルトはありません。座席前方の横棒(バー)につかまって乗車するのが決まりです。

乗務員座席周り

いたって素朴・シンプルな運転席周りです。最低限の機器表示部分には、速度計さえ無いようです。

全体二列目の座席から前方をのぞむ

乗車時間が来たので、側面の補助ベルト解放を待って着座しました。前方のガラスは上下動の調節ができます。風を前からも浴びられる体。

乗車実記

2020年10月3日から、11月6日のあいだの実証運行。三木町公式サイトに資料掲載ページがあります。

私が乗車したのは、2020年10月21日水曜日。Aコースの日でした(月・水・金各曜日は「Aコース」、火・木・土各曜日は「Bコース」を走行します)。

10時00分ちょうど、学園通り駅停留所を出発しました。事前に乗務員の方からお話を伺いました。いわく、

  • ディスクブレーキを装備、平坦地・下り勾配部の停車では若干の「ショック」が生じうる(時速0キロメートルになる瞬間、急にぴたりと止まりうる)こと
  • サスペンション未装着、路面状態による衝撃が乗客乗員へ直に来るということ
  • 最高速度は公称・時速20キロメートル(未満)。加速度は「よい」が、周囲が開けたところだと加速感を景色から感じられないほど
  • その低い走行速度ゆえ、一部経路(片側一車線以上の道路)では後続の一般車が少々「こわい」と感じることもある

等々。走行中はつかまり棒を握る乗客なので、学園通り駅停留所に戻った際にメモを取りました。ほかにも面白い話を聞き出せればよかったのですが。

経路一周約20分。たしかにサスペンション無しの振動はあります。但し、乗車時間が短いのもありましょうが、体に痛みをおぼえるほどのものではありません。

その他感想

乗車したそのほかの感想を、おまけ代わりに付記します。

  • もし、正式採用・正式運行となった際には、乗車料金200円まで(希望は100円)なら支払って利用したいと個人的に思うこと
  • 観光(貸し切り運行)や三木町の各所案内運行等に活用できれば……
  • 新川の川土手(文化交流プラザ北方)の桜が開く時期に走らせたら、それだけでも車上から見る価値がありそう
  • せっかくの自由乗降、町民に周知がもっと行き渡れば……乗車率・乗車人員上がるか
  • 現状のコミュニティバス車両よりも、旧農道とおぼしき細い町道等で、乗り入れられる強みを発揮できると思う
  • もっとも人(町民)が行き来するであろう、学園通り駅周辺のみならず、ことでん池戸駅や井戸駅・公文明駅方面でも利用してみたい(知人宅や「井戸モール」へ乗り付けてみたいだけですが)
  • 日曜・祝日運行は難しいだろうが、土曜運行に挑んでいるのはとても好ましいことと思う
  • あと少しだけ車体が長(く出力が高)ければ、車いす乗降やことでんのイルカ駅員さん「ことちゃん」の乗車もかなうはず!

以上です!ご覧くださりありがとうございました。

(2020-10-21更新)

ホーム旅と散歩の徒然目次>現在のページ