加齢を感じるとき

夜間の移動はもう無理なのか

2018年7月3日から翌4日、夜行バスに乗りました。区間は香川県内の高松駅高速バスターミナルから、愛知県名古屋市にある名鉄バスセンターまで。

ある程度眠れたといえるので、疲れの程度は知れていると思い込んでおりました。7月4日の内に眠さは来ても、疲れはそれほどでは無いだろうと。

甘い見立てでした。出張を終えて香川県に戻ってきたら、どっと疲れが出てきたのです。しかも数日(今も!)引きずっています。某所で司会のつとめをしている間にも、傍目に具合悪く見えたそうです(家族の談)。

今また頭がぼやーっとしております。長雨の影響で体調が悪いのもありましょう。身体弱い私ですので。でも雨の影響だけで疲れが出るとは思えません。やはり……夜行バス使うのは……もう無理な年齢……。

年齢四十路が見えるとは、こういうことなのかと思い知らされました。来年もし同じ場所への出張があるなら、豊橋あたりで前泊して議場入りするか、議場施設で数日行う研修会から参加して身体を慣らす必要がありそうです。

「水曜どうでしょう」という番組だったと思いますが、出演者が夜行バスで「のたうちまわる」ようすを放映したのを見た折に「体力ねえの」と笑っていた自分を責めてやりたいです。



2 thoughts on “加齢を感じるとき

  1. こんにちは。
    私は40代半ばですがもう夜行バスは無理です。
    2年前に乗った近鉄&防長バスのカルスト号で限界を感じました。
    今は昼行高速バスが精一杯。
    20代の頃は夜行バスでいろんな場所へ行ったのですが…
    歳を取るといろんな部分で無理が出て来ますよね…

    1. こんにちは
      コメントありがとうございます!
      夜行バスきついですよね…。
      昼行でも翌日に疲れが出ます(とある時に広島県方面へ行きました)。
      20代のころは、確かに山梨~大阪の中央高速を飛ばすバスにも乗りました。でももう無理ですねこれ。
      今後は新幹線で行ける範囲なら、敢えて夜行バスを用いることはしなくなってくるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です