安否問うメール

2018年7月、記録的豪雨の被害を思いつつ。

7月13日。香川県在住の私のもとに、一通のメールが来ました。ある学校時代の先輩からでした。

文中、こちらの被害の有無を問い、支援の必要あらばという申し出がありました。簡潔な文章でしたが、こころのこもったメールでした。

先輩の居住域でも、数年前に豪雨で避難勧告が出たことがありました。被害は無かったと聴いています。が、その折の不便さなどを思い返してメールをくれたのだと思います。

7月4日の出張の際に、先輩の在住県を通過しています。これがもしも一日遅れていたら……豪雨の影響で岡山・兵庫どちら経由でも香川県に戻ることはできませんでした。

豪雨の直後くらいに、スーパーマーケットのチラシ商品が遅配して買えなかったこともありました。でも、それに対して不平をいだくのは間違っていると思ったりもしました。

いろいろ思い巡らせます。先輩には、被害らしい被害は無かったと、返しました。お礼も添えて。

それと。これからの酷暑のなか、豪雨被害が出た現地の方々へ、何か小さなお手伝いができたらと思います。地震の影響残る大阪北摂方面にも思いを持ちつつ。

コメント