家事による鎮静効果

家事、それも特に掃除。きれいにしていくと家の中だけでなく心も落ち着いていきます。普段は掃除機をざっくりかけるくらいしかしません。拭き掃除も気が向いたときだけ。まあ、普段の収納を見直す必要もありますがそれは今回省略で。

忙しいときや、病状やや篤い折のほうが、「掃除できて良かった!」と前向きで幸せな気持ちになります。「やらされとる」という感じが少ないか、皆無なのです。

完璧を目指さないで掃除することが、またひとつカギになるかと思います。その日によって5割でも8割でもいいと、割り切ると良いと思います。

掃除そのものを目的にせず、気分転換ついでにしてみよう、という取り組み方が私には合っているようです。

今朝(2018年7月18日)も原因不明で心の「閾値」が来てしまい、半分パニック、半分グロッキーでした。でも掃除をなんとかやってみたら、気持ちが落ち着きました。

深刻な課題を抱え込みすぎてパニックやグロッキーになってバテる前に、掃除しつつ精神統一めいた調整を行うの、良いのかなと思います。

さて、いろんなことに勇気を持って取り組みますか。掃除以外にも心を落ち着ける具体策は多々持っておりますので、また記したいと思います。

コメント