母と子のじゃがりこ

家内が購入したスナック菓子、「じゃがりこ」。家族そろっての「おやつタイム」にいただくものだと思っていました。

実際その通りでした。ただ、私が腰痛で寝ている合間でもありました。

ああ、食べちゃったのか……そう思ったのが声や顔に出ました。スナック菓子一つで恨み言めいた挙動。腰痛でよほど、自分の外への意識がひどかったのだと思いたいところです。

義母はその私の言動を見て、聞いて。その日のうちの買い物で「じゃがりこ」を購入してくれました。

私、ko.i.tsu。今春には四十路突入というのに。どうしてこうも、子どもじみているのでしょう。パリポリと「じゃがりこ」を食みながら、感謝と情けなさとを、こころの内で混ぜるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました