模様替え三件

(本文950字ほどです)

2019年・秋期の備忘録。

一件目、所属法人事業所の書棚を、大幅に見直したときのこと。先発隊が全ての本を取り出して、新しい書棚を組み立てているところへ、私を含めた後発隊がぼちぼちと到着。

まずは本の選抜と清拭。処分品が30点ほどは出たでしょうか。選り分けた後は、あまり手に取られず、少々埃っぽくなっている本を含めてきれいにしました。この作業と並行し、新しい書棚の組み立てが進められていきます。

書棚の組み立てと本の清拭、思ったより時間が押しました。よって、最終的な分類整理を経た収納は次回にし、大まかな分類のみにとどめて、本や書類をとにかく書棚へと入れていきました。

夕方頃に作業一段落を迎え、ホッとしてその日は帰宅しました。

二件目、当家書斎の模様替え。

部屋東南角、エアコン直下に暫定的に設置していたパソコン作業机を、部屋の北東角へと移動する作業。

エアコン直下の作業環境は、身体に冷風・温風が直接当たるだけではありません。エアコンの水漏れが万一生じたとき、ほぼ真下にある精密機器が壊れる!……という可能性がありました。

懸案を解消すべく、朝方に鬱気味ではなかった日に一気に作業しました。

作業前は、南側からパソコン作業机、郵便関連の引き出し箱、テレビボード、雑用の棚という並び。これを雑用の棚、郵便関連の箱、テレビボード、作業机……と入れ替えたのです。エアコンから水漏れしても被害が最小限になるよう、各棚・ボードの上に置くものの並びも再精査。

これは二時間ほどで終えることが出来ました。

三件目、職場メインルームの模様替えです。

職員総出で、作業機器と机を西へ東へ南へ北へ。作業時間は想定以上に短く、効率も良い実感。団結力、再認識です。第二作業室の机を増やす(広げる)こともかないました。

環境新た、日々の仕事にいっそう打ち込めるようになりました。

三週間に一度ペースでの模様替え(参加)。ついでにちょっと大がかりな掃除を、三件それぞれで出来ました。今年の年末大掃除は省力・小時間で終えられそうです。これも心理的な荷が下りた心地。

身体弱々しい自覚(メンタルは豆腐よりも崩れやすく)、あるにはあります。でも時々過集中とも言えるちからを発揮するのです。アンバランスだなあ……。

まあ、いずれの作業も怪我無くてよかったね、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました