ひとの駅さんぼんまつ

2018年11月25日に開所した、『ひとの駅さんぼんまつ』。香川県東かがわ市の施設です。

JR四国・高徳線、三本松駅を背にして右(西側)すぐにあります。東かがわ市役所の『大内(おおち)支所』と、『東かがわ市立図書館』などがあります。

2019年1月30日、ようやく訪問できました。図書館を主に訪ねました。

さぬき市や木田郡三木町の図書館とは、雰囲気が異なる印象の蔵書ラインナップです。新刊(直近数ヶ月までのものを並べているようです)も、力入れているな、と感じました。

東かがわ市在住・通勤者でなくとも、香川県立図書館のカードを持っていれば、登録完了後に資料を借りることができます。貸し出し冊数は10冊まで(東かがわ市内・他の図書館各所と合算になる)、日数は借りた日を含め15日です。

買おうかどうか、個人的に迷っていた本を中心に借りました(良いな、と思ったら書店やネット通販を使います)。

話がそれますが、高松市元山町在住時は、香川県立図書館まで自転車で通えるところに居りました。その頃と時間は同程度で、現在のさぬき市住居から東かがわ市立図書館に行けると気づきました。まったく苦になりません。

今回の訪問地。庁舎(1階)・図書館(2階)内の動線がちょっと気になりました。でもおよその「ひとめぼれ」。今後この『ひとの駅さんぼんまつ』を、月に数度とそれなりの高頻度で、利用しようと思います。すぐに館内に慣れることでしょう。

コメント