ブラウザくらべ

ウェブページを見る上で、不可欠なもののひとつ、ブラウザ。私の環境下での雑感をつらつらとメモ書きしていきます。

普段使いは「Vivaldi」です。動作自体は、ややもっさりした感じがあります。でも安定して動いてくれるので、メインに据えています。

サブの位置づけにしているのが「Sleipnir」と「Seamonkey」です。前者は何となく使い始めました。後者は「コンポーザ機能」でウェブページ作成時に使ったり、Shift_JISの文字コードで公開されているサイトを見たりする際に用いています。

さて。有名ブラウザの名を挙げていません。まずは……「Firefox」かしら。一時期メインにしていました。ただ、一時期から私のパソコン上では動作が鈍く(重く)なりまして。ブックマークをクリックしただけでハングアップすることが頻発した時期もありました。非力(処理能力が低い)パソコンを私が使っているのが悪いのですけどね。

「Chrome」も、あまり使っていません。サイトの動作確認でたまに起動するくらいです。どうにも挙動せしめないほど、重たくなることが多かったためです。最近のアップデートからは、そこそこ軽くなりました。やっぱりこれも、非力なパソコン使いの私に非があると思います。

「Edge」や、かつての「Internet Explorer」は……うん……。しっくりこないという理由ではマイクロソフト様に悪いとは思いますが……。たまにこの二つのいずれかでないと、まともに見られないサイトがあるので、やむなく使うくらいです。

「Safari」「iCab」や、「Netscape Navigator」あたりも懐かしいです。MacとWindowsと併用していた時期がありましたゆえ。

ああ、「Opera」を失念していました。Windowsマシンを自前で導入したころは、PHSの搭載ブラウザでもあったこのブラウザを愛用していました。今は……思うところあり、アンインストールしています。

なかなか「きみにきめた!」というブラウザが無いのが悩みどころです。慣れていくしかないかしら。

コメント